【無料】メールマガジン配布します!

真実!しか流さないメールマガジン《不定期》

メルマガのお申し込みはコチラ

恋スキャだけでは 勝てないですね~ って方へ

こんにちは。tomoです。

恋スキャは、良くも悪くも賛否のある商材ですが

私は好きです。

理由は、単純でロジックの根幹は、

・レンジ相場の逆張り

・トレンド相場の押し目買い

をわかりやすくトレード出来るようにしているからです。

これが、理解出来るところまで是非なってほしいところですが^^;

他には、フォローセミナーを行っているところ(商材発売後かなり経過してますので現在は、どうなのかわかりません(>_<))、や動画での説明をしてくれているところとかです。

 

負けている人の話を聞いていると1つ気が付くのは

・インジケーターの話しばかりしている

・ロジックばかりに拘っている

・統計的にトレードを捉えていない

 

この3つカナと思います。

恋スキャで買う価値があるのは、ぶっちゃけ動画の話している内容セミナーです。インジケーターがどうたらとかいうのは、おまけ程度だと思ってくださいよ。

 

ここを理解できると商材の評価が正しく出来ると思います。

 

また、アドバイスすると

何回もいっているので恐縮ですがf^^;

トレード時間軸を長くすること(5分→1時間とかね)

トレードの回数を重ねトレーニングすること

この2つを実施してください。

 

どんな商材を買おうと、どんなロジックを自分で考えようと試行錯誤して自分なりに工夫しないと勝てるようになりませんので。

何でこの記事をこのタイミングでってのは、メールで相談をいただいたから他にも同じような方がいたら参考にと思って書いてます。

 

恋スキャが長い時間足でどのくらい有効なのでしょうか?

改めて今年の相場で検証をしてみました。

ロジックは、恋スキャ

1時間足

EURUSD

2014年11月

矢印が表示されているのは、これまたオリジナルの恋スキャインジです。

検証のソフトは、tomoオリジナルのバックテストツールを使っています。→詳しくはこちら

 

20141220115250

私の場合ですが、ローソク足が非常に長い陽線・陰線でバンドに触れた場合は、次のローソク足まで待つことにしています。なので、このシグナルは様子見そして、そのまま上昇してますのでスルーということになります。

もちろん、エントリーして損切りというときもありますが基本ローソクが長い=相場にパワーがあるということなので逆張りは控えるベキだと考えております。

 

20141220132110

次のシグナルが出て来たところはバッチリです^^b

陽線がながいところは、パスし次のローソクでバンドタッチしてショートエントリってな感じですね。

 

20141220151314

因みに私のオリジナル恋スキャインジは、ローソク足が確定してからサインを出すようにしてますので(ここは、好みの問題)最新のロングサインをみるとめっちゃいいポイントでサインが出ているように一見みえますが、サインが出た時にはチャートが上にはねていて実際にエントリーは、とてもじゃないけど出来ません^^;

 

20141220152850

例えばこのようなレンジ相場をあとからみれば、簡単に取れるようにみえますが実際には、ボリバンたっちでエントリーするなら可能ですが慎重にローソク足が確定してからとやっているとなかなかエントリーできません。ということは、私のインジではこの相場はとれないってことです(>_<)

画像の通りサインがでてエントリーできそうなところだけとってますが、そうなるとどうしても利幅が小さくなりがちです。

安全にいくのか、積極的にせめるのかトレーダーの好みの違いですね。

いろいろと前置きをしましたが、、、

20141220162045

検証した結果は、これです。もちろん、tomoなりのフィルターをさっき説明した分などがはいっているのでみなさんと同じ結果になるわけではありません。ただ、有効そうであるということは伝わるかな?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

tomoよりのお願い

参考になったちょっと役に立ったお疲れさんって
少しでもおもったかた(*゜▽゜ノノ゛☆

 

ポッチっとお願いします。その1ポチ!ありがとう

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなで広めてください。この記事が役に立つ人がいると思います。
←左のボタンをクリックして共有してください。

 

 

タグ

2014年12月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:恋スキャFX

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ