【無料】メールマガジン配布します!

真実!しか流さないメールマガジン《不定期》

メルマガのお申し込みはコチラ

Logical FX をレビューしてみました!

20150116214336

みなさんこんにちは^^ 龍の介です!

今日はFX商材の「Logical FX」のレビューを致しますー!

 

20150203102354

参考として、レターを見てみてください^^

Logical FX

http://www.logicalfx.com/

 

こちらは水平線のみを使ってトレードする手法を伝授しましょうというもので、言ってみれば定番手法の裁量系商材ですね。

インジケーターを使わない、いわゆるプライスアクショントレードというヤツですか?

インジに頼らないってかっこいいですよね(笑)

僕はガチガチのインジトレーダーですから、インジなしの裁量トレードのクールさは何となく分かるんですよ。

 

インジケーターをとにかく非難する裁量トレーダー

ライントレードなどの裁量系手法でうまくいってる人って、とにかくインジケーターを使ってのトレードを非難する方が多いですね。うん。すごく多い。

そこの気持ちも分からなくもないのですが、インジケーターでのトレードと言っても多種多様ですから一概には言えないんですよ。そこをどうしてダメと決め付けるのかなあと。

ライントレードをやる人、インジトレードをやる人、その他諸々色んなトレーダーがいますが、勝てているトレーダーに共通して言えることは、優位性の高いポイントでトレードしている”という事で、その共通項においてインジを使う、使わないは無関係です。

勝てるノウハウ自体は多種多様である事を忘れてはいけません。

インジケーターを使っていない手法だけが優れている訳ではないのです。

 

事実、インジケータートレードでうまくやっているトレーダーも実在します。

それは私です(笑)

基本非裁量トレーダーの私はガチガチのインジトレーダーですよ^^

でもしっかりと実績は上げさせて頂いておりますので^^

インジを使わない裁量トレードでも、インジを使った非裁量トレードでも、優位性の高いエントリーポイントを抽出する事は共通して可能です。

とにかく、トレードで利益を上げる事に関しては色んなスタイルがあるという事です。

 

手法の”賞味期限”について

Logical FXの上記画像にもあります様に、「賞味期限のないFX教材、遂に登場!」との事ですが・・・

これもインジトレード否定派の定番の考え方ですよね。

インジケーターによるトレードはいわゆるシステムトレードという事になりますが、参照するインジケーターにパラメーター設定を行い、一定のエントリールール、決済条件を元にトレードを行っていくというものです。このアプローチ自体に賞味期限があるからダメだというのです。

確かに、私も今独自理論のトレードで使っているルールが、設定数値的なものまで永遠と相場に通用するなんて毛頭思っておりません。

例えばボラティリティが大きく変化してくれば、システムのパラメーター設定も一緒に変化させてあげる事が必要だと考えています。

現在の大局において通用するパラメーター設定を行うという事は、想定するボラを越えてくればもちろん手法も変化させるという事で、その考えの大枠はインジなしの裁量トレードでも同じだと思うんです。

変化させなければ、インジケーターを使わない裁量手法にもやがて賞味期限が訪れます。

相場の変化を人間が判断を下して手法を最適化していく必要があるのはインジありでも、インジなしでも同じです。

「裁量手法は最適化などしない!」

と言っている人がいたとするならばそれは詭弁です。

「低ボラ相場と高ボラ相場、決済幅は同じですか?」

と聞かれれば、

「違う」

という答えが必ず帰ってくるハズですから。

インジを使う使わない問わず、手法の根幹は変えずとも、細かくルールの最適化をしていくからこそ、継続的に利益が上げられる訳ですね。

 

個人的にライントレードが好きじゃない理由

何度も言いますが私はインジトレード派の非裁量トレーダーです。

しかしそんな自己のスタイルに行き着くまでには、トレンドライン、水平線を引く裁量手法の学習・実践も一通りしてきました。

その上で実感した事があり、それ以来、ライントレードは辞めたのです。

「やってられないな」と。

以下の画像をご覧下さい。

img_keynote05_02

 

こちらは「戦後の経済成長率」の折れ線グラフです。

上がったり下がったりをくり返し、為替チャートで言うとダウントレンドを築いている様な推移になっていますね。

縦軸の数値が成長率を表したパーセンテージですが、整数偶数の所に解りやすくラインが入っておりますので、そこに着目しましょう。

ここのラインはただ目安として引かれているラインである事は誰にでも分かりますね。

細かく見てみると、そのラインに成長推移があたかも反応している様に見えませんか??

赤丸部分が反応している様に見えるポイントです。

成長率自体がそのゼロラインに根拠あって反応している事はまず有り得ません。

単なる偶然です!

「ダブルトップ」「三尊」みたいな形になっている所も散見されます(笑)

そう見えてるだけですよね??

 

それでは別の画像を。

損益グラフにライントレード解説

これも為替相場のグラフではありません。

ネックラインである水平線、そしてトレンドラインを定番の考えに基づいて引いてみました。

非裁量トレーダーでも、これ位の後付け解説はできますよ(笑)

あたかも、裁量で引いたラインが反応している様に見えます。

 

ところでこのグラフは何のグラフでしょうか・・・

 

 

答えは、とあるEAのバックテスト損益グラフです。

バックテストの損益結果がラインに反応する訳はありませんから(笑)

上がり下がりしている折れ線グラフであれば、どんなものでもトレンドラインの様なものは引けて、そのラインが効いている様に見えるんです。

ライントレードを真面目にしていた私にとってこの気付きは画期的なものとなり、ライントレードは好まない理由となった訳です。

 

だからと言ってライントレードを否定している訳ではない

上記の理由から、私はライントレードなるものは好みません。

ですが、その手法を否定する訳でもないのです。

例え、効いている様に見えているラインであっても、一つの「トレードの目安」を設けてうまくアプローチができるノウハウ・スキルがあるなら大いに結構でしょう。

勝てれば何でもいいのです。

逆に、私が常に実施しているインジケーターによる非裁量トレードも、インジケーターを使ってトレードの目安を作り、うまく利用しているに過ぎません。

トレードにおいて、狙い目をつける事は非常に大事です。

それがインジケーターによるトレードであれ、ライントレードであれ、同じですね。

 

Logical FXの良いと思う点

このLogical FXは、水平線というトレードの目安をつけた上でアプローチしていくものですが、その水平線の引き方が基礎となるのは言うまでもありません。

その点、チャート解説画像を確認しましたが、これはネックラインに水平線を引くものであり、至極シンプルな考えで引いてあるものだと実感しました。

これは、水平線を引く部分に裁量要素が少ないという事が伺えます。

とても使いやすい点だとは思います。

レターより抜粋した以下の画像をご覧下さい。

20150204101808

 

このトレード画像から推測するに、ネックラインを基準としたレジ・サポトレードですね。

ダウ理論の考え方を基礎に置いた押し目買い、戻り売り手法です。

売り相場であれば、レンジブレイク後、ブレイク前のサポートラインがレジスタンスとして機能する習性がある事を利用してトレードするという手法ですね。買いではその逆の考え。

しかしそういった手法も、仕掛けるポイントの厳選を行わなければ継続して利益を上げる事は難しいのでやたらめったにそれらしい事をしていても厳しいのですが、この商材は、それらを教えてくれるとの事です。

それど、インジケーターのZigZagを表示させていますね。このZigZagの起点がいわゆるネックラインです。

水平線は主にネックラインに引かれています

わかりやすいですよね。

開発者曰く、斜めのトレンドラインは一切使わないというコダワリがある様です。

確かに斜めのトレンドラインは裁量性がより強く、人の見方によって引き方が異なってしまう事が多いのが難点です。

その点このLogical FXでは、あくまで「ネックラインに水平線を引く」という、誰が見ても分かりやすいラインの引き方に絞っており、”ライン引き”という入口部分に裁量性を最小限に抑えてある設計がなされている様に感じます。

それはすなわちトレードの再現性を高めている点であるという事になりますので、評価できる要素ですね。

 

生活における再現性

しかしこの手の裁量手法系は、ある程度監視時間が長く必要であり、その部分をクリアするのがなかなか容易ではないのです。

トレードに取り組んでいる方の多くはサラリーマンなど兼業の方だとお見受けしますが、そういった方がここぞというチャンスを逃さない自信はありますか??

レターにあるトレード画像は全てが15分足チャートで、厳選されたポイントでトレードを実施しています。ここぞというチャンスでトレードしているという事ですが、時間のない方がどこまで対応できるのかが問題です。

時間のない方が無理にトレードしようとしても、本来やるべき事に集中できなくて、全てが悪循環に陥ってしまうという事態は容易に想像できます。

「生活における再現性」はとても重要な問題です。

トレード時間が豊富に取れる方やニートの方にはいいかも知れませんが・・・

このメソッドがEA化できているのであればまだいいのですが、それもなさそうですね。

だったら自分の手でトレードするしかないのですが、常に相場を監視できて、チャンスの時には即座に対応できる環境を整えないといけません。

時間に余裕がない中、売買サインに対応できなくて利益を逃してしまうとその後無理にトレードしようとする感情も生まれ、負のスパイラルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

本当に「生活における再現性」って重要なんですね。

 

総評

結局お薦めできるのかできないのかどっちつかずの文章になってしまってますが、私の総評としましては、裁量トレードに興味があって、ライントレードを勉強したいという方にはいいんじゃないでしょうか?と言った所です。

20150116214336

ラインを水平線に完全に絞っており、ライン引きの再現性は高めてあると見えますので、よりシンプルに相場と向き合う事ができるのではないかと思います。

 

しかし、前述の通り、この裁量手法で実際にトレードして実績を出すには長い時間のチャート監視、動くべき時の対応ができる環境が必要だと見ています。

そこをクリアできるのかどうかという点では「できない人の方が多い」というのが実情でしょう。

かくいう私も、チャートに張り付きな生活はしたくないし、そもそもする気もないのでこの手法を実践しても無理だという事になります。

いい学習ができても、実践できなければ利益は上がりませんので・・・

 

Logical FXは、メソッドをしっかり実践できる時間的な余裕が方、若しくは「今は実践は難しいけど水平線トレードを腰を据えて勉強したい」と言った方にはお薦めできそうです。

やはり、「生活における再現性」は重要な問題ですね。

 

それではLogical FXのレビューを終わりたいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

龍の介でした!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

tomoよりのお願い

参考になったちょっと役に立ったお疲れさんって
少しでもおもったかた(*゜▽゜ノノ゛☆

 

ポッチっとお願いします。その1ポチ!ありがとう

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなで広めてください。この記事が役に立つ人がいると思います。
←左のボタンをクリックして共有してください。

 

 

タグ

2015年2月4日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:Logical FX

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 通りすがり より:

    >「生活における再現性」はとても重要な問題です。
    >トレード時間が豊富に取れる方やニートの方にはいいかも知れませんが・・・

    時間軸をスキャルピング等のデイトレ―ドに拘るから再現できないのであって、トレードスタイルをスイングにすれば短期時間足特有のノイズもあまりないし、十分再現できますよ。

    基本的に短時間足になればなる程、相場は難しくなるので、初心者がわざわざ難しい相場に挑む必要はないと思います。

    • FXtomo より:

      通りすがりさんへ、

      短時間になればなるほど、相場が難しくなるという点は、
      その手の視点でしかみないからそう見えるだけですよ^^

      短期の良さ

      長期のデメリット

      それぞれをトレーダーは、理解しておくべきだと思います。

      その前提として、トレーダーとして何を信奉するのか?

      定まっていますでしょうか。

      私は、稼げるということが重要だと思ってますので
      『○○は、ダメだ!』みたいな論議は、無意味と考えております。

      記事の執筆者ではありませんが、私個人の考えを投稿させて頂きました。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ