【無料】メールマガジン配布します!

真実!しか流さないメールマガジン《不定期》

メルマガのお申し込みはコチラ

インジケーターのサインは、大きく移動平均クロス

 

えらい基礎的なところといいますか、もうご存じの方は、スルーしてください。

それが今日の記事。移動平均線クロスです。

 

私事ですが、最近目が悪くなってきております^^;

必然的にチャート上に表示されている、小さなサインが非常に見難くなってきているのです。そうチャートが大きくしたがる欲求がだんだんと強くなってきています。

しかし、以外に不便なのは、無料でその辺りに配布してあるインジケーターって結構ちいさいのね。

シグナル(矢印)

かゆいところって変更が中々出来なかったりします。

 

なので、インターネットで拾ったインジケーターを元に自分用にサインを大きく変更したバージョンを作ったのでここにUPしておきます。同じように考えている人がもしかしたらいるかもしれないのでよかったら使って下さい。

 

 

移動平均線クロスアラート + メール機能付き

移動平均線クロスアラート + メール機能付きインジケーター

http://xn--fx-5f5cr13csqi9uodiz.com/maccross

 

ダウンロードリンクが上です。

 

20141213125713

 

 20141214042445

 

3つの移動平均線のクロスしたポイントでサインがでますのでお好みでパラメーターを変更して使う事が出来ます。

SoundAlert を 1にするとアラートがポップアップでシグナルを教えてくれます。

また、SoundAlertを 1にして、Mail_Flagをtrueにするとシグナルをメールで送るようになってます。

 

関連記事:

MT4からメール(Mail)でシグナルを送って受信する方法

メールを送るためのMT4の設定は、こちらの記事を参考にしてください。

 

 

移動平均線は、インジケーターの中でも基本中の基本なので最初は、これだけを研究してもいいぐらいの価値があります。

 

ちょいちょいいっていますが、出来るだけ長い足をつかって検証及びトレードすることをお勧めしますよ。

 

MT4バックテスターで、このインジケーターがどのくらい使い物になるのか検証してみた。

 

検証条件:

EURUSD

1時間足

2014年1月~2014年7月

FXDDヒストリカルベース

スプレッド:0.6Pips

日本の証券会社でトレードするイメージでテスト。

実際にtomoオリジナルのバックテスターで検証してみると^^;やっぱりいろいろ見えてきます。

 

バックテストツールの詳細はこの記事>> バックテスターで週末トレーニング

 

 

20141214051858

シグナルが複数でているのは、単純に長期の移動平均線に対して、短期・中期それぞれがクロスした時にシグナルがでるように作っているので、連続して出現するようにしています。

上の画像は、トレンドが出て見事に利益をゲットできています。

 

 

20141214051648

 

しかし、このチャートでは・・・・

典型的なレンジ相場ですね。トレンドの見極めとして移動平均線を使うと負けパターンとしてたまに出てきます^^;

こんな時は、移動平均交差は、役に立ちません。

じっと我慢して絶えるのみです。

 

短い期間の検証でやってみましたが、そこそこの成績となりました。

 

20141214052858

 

負けながらも成績が右肩あがりと理想的な展開です笑

ただ、実践ではこうはいかないでしょうけど、バックテスターで早回ししながらの検証だったので待つということに関しては殆どしておりません。これが、実践では待っている間にいろいろと考えてしまいポジションを早く決済することがままあります。ルールを守るということの難しさに直面するのです。

それを防ぐための方法は、

自分で徹底的に検証作業を行い相場のことを知り尽くすこと

これがいいのではないかなと思っております。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

tomoよりのお願い

参考になったちょっと役に立ったお疲れさんって
少しでもおもったかた(*゜▽゜ノノ゛☆

 

ポッチっとお願いします。その1ポチ!ありがとう

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなで広めてください。この記事が役に立つ人がいると思います。
←左のボタンをクリックして共有してください。

 

 

タグ

2014年12月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:インジケーター

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ