【無料】メールマガジン配布します!

真実!しか流さないメールマガジン《不定期》

メルマガのお申し込みはコチラ

MT4 Pipsを計る便利な方法 2本立て

MT4は、フリー(無料)でとっても高性能なアプリです。

相場を分析するインジケーターも豊富で、世界的に普及しています。

しかし、ちょっと不便なのは豊富な機能を使いこなすが至難のわざだってことですね。

 

ちょっとした小技ですが、知っていたら便利なテクニックを紹介さいます。

 

 

MT4のPIPSを計る方法!

 

まず、6月7日の米雇用統計のUSDJPY(ドル円)かなり動きましたね。

実はその前日に更に大幅な下げがあったのですが、、、、どくらい動いたのか知りたいですよね?

20130608173049

 

この技を知らないと、チャートの価格を見て引き算しないといけません。

非常に面倒ですw

 

 

そこで出番なのがこれCrosshairです。20130608173336

20130608173255

 

 

マウスの左クリックで支点を決めて計りたいポイントまで引っ張ります。

下の画像を参照ください。

20130608173547

 

 

20130608173452

 

上の画像を拡大したのが↓です。

20130608173501

 

時間/point(通貨の最小単位)/価格を表示してくれているます。

3497point = 349.7pips になります。

※FXDDチャートを参照。

 

米雇用統計の前日に実に300pips以上下がっていたことになります。驚きですΣ(´∀`;)

 

参考にですが、、、ちょっと古いDATAで申しわけないドル円の一日のボラをエクセルグラフで見てみると。

 

20130608174321

2004年12月~2012年8月まで

 

大旨、200pips以内でドル円は、変動が収まっているのと、2012年に至っては100pips以内の低ボラだったことが分かります。

 

そして、300pips以上の値動きは、年に1~2回の頻度で起こっていることが過去DATAからは、発見可能です。

 

このようにみてみると、希に見る動きだったのだなとしみじみ感じているところです。(この日、98円で押し目拾ってドローくらいってます(T▽T;))

 

ちょっと話しがそれましたがとても便利な機能ですからつかって見て下さい。

 

それでは。ブログランキングクリックもよろしく^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

tomoよりのお願い

参考になったちょっと役に立ったお疲れさんって
少しでもおもったかた(*゜▽゜ノノ゛☆

 

ポッチっとお願いします。その1ポチ!ありがとう

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなで広めてください。この記事が役に立つ人がいると思います。
←左のボタンをクリックして共有してください。

 

 

タグ

2013年6月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:MetaTrader

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ