【無料】メールマガジン配布します!

真実!しか流さないメールマガジン《不定期》

メルマガのお申し込みはコチラ

トレンドって?どうやってみるのだろうか

こんにちは^^

メールでいつも沢山の質問や感想をいただきありがとうございます。

なかなか個別に返信出来ていないこの状況は、本当にごめんなさい。

 

最近、トレードに忙しくまた、ある筋からの(笑)手伝ってよと、何やらシステム系の仕事?も舞い込んでブログ記事も滞りがちにf^^;

 

そんなお詫び?勝手にですがよく戸惑いがちなトレンドの判断方法をここで紹介しようかと思います。

 

トレンドの判断方法!?

今回の質問とは別件ですが、「FXクラブ」のコンテンツに

関して思ったことを話させてください。

もうすでにご検討されているかもしれませんが、「トレンドの
把握の仕方」、「どうやったら流れを把握することができるのか」

の点を教えて頂けるととてもありがたいです。

 

とのメールを頂きましたので、「FXクラブ」の中でも個別に説明するのもOKですが、けちけちせずに(笑)ブログに書いて公開しますよ。

 

ということで、メールの質問に返答します。

 

毒舌かもしれませんが、、、、ズバリ!いってみます。

 

この手の質問が出る背景を考えてみましょう。

トレンドは、簡単にわかります。難しい理論なんてまったく必要ありません。みれば、どっちにトレンドが発生しているのか、もしくは、ノントレンド状態なのか

 

しかし、多くの人がこの「トレンドの把握の仕方」を欲しがります。

 

なぜでしょうか?

簡単です。

トレンドが続くという保証が欲しいのです。

20130721223235

これは、ユーロドル4時間足、2013/7/21です。

UPトレンド、Downトレンド、レンジときれいに3つに分類することができます。

 

どうでしょうか?こう見るとトレンド判断方法は、簡単です。みたままにトレンドを判断すればいいのです。

 

しかし、実際のトレードでは、そうもいきません。チャートの変動を見ているとついつい近視眼的な見方になっていき、トレンド方向が良く分からなくなることがよくあります。

 

それも、トレンドが出ているからその方向に「エントリーしたら勝てるんだ!」という思い込みからきているのです。ただ、、、、勝ちやすいというだけの話ですが^^;

 

FXのエッジの一つは、トレンドが続く(続く傾向にある)という特徴をトレードに活用することです。現在(7/21)のレンジであれば、その傾向のレンジが続くのだということを踏まえてトレードするのです。

 

それだけです。これが、いつまで続くのかわからないから、といって迷ってしまうのです。トレンドがどこまで・いつまで続くのかは、誰にもわかりません。

 

答えを求めるから、難しいのです。

 

トレンド判断の迷いの原因は?

もうひとつ、トレンド判断を惑わす原因は、見ている広さというか時間軸が違っているからともいえます。

先ほど、ユーロドルは、レンジだと言うことをお伝えしました。下の画像4時間足チャートの通りです。

20130721224907

 

しかし、5分チャートで見ている人にとっては、どうでしょうか?

20130721225118

上が5分チャートで表示した場合です。安値が切りあがっているのが見てもわかるのでUPトレンドなのが分かりますよね。

これは、見ている時間軸や、チャートの範囲で見る人によってトレンドがどの方向なのかが認識が変わるのです。

 

単純な話ですよね?

スキャルピングで短期トレードする人にとっては、1分や5分などの短い時間軸のトレンドが重要ですが、デイトレでは、15分や30分などの時間軸を重要視していくことになると思います。

 

トレードスタイルによりトレンド判断方法がそもそも異なります。

自分なりのトレンド定義を持つことが重要です。

 

これは、ステップ的にちょっと上の段階になった人の話かもしれませんが、初心者でまだよくわからいって方は、自分のトレード手法にあったチャートでのトレンドを見ていけばOKです。(そこが難しいといわれそうですが^^;そこは、個別なんですよね。)

 

 

もうひとつ確定しないと分からないトレンド

それともうひとつ。トレンドは、チャートが確定してからしか分からない

これが真理なのです。(笑)

どうしてもチャート的に中途半端な時があります。いまがそうですね。

 

 20130721225836

私は、レンジへの移行とみてますから今後のユロードルが上の画像で引いた赤い線の方向で動くのでないかとシナリオを描いています。しかし、あくまでトモ予測なので外れる場合が良くあります(笑)

 

20130721230308

しかし、月曜日からユーロドルが1.317$のレジスタンスを突破して上昇していったとしたらどうでしょうか?

現在の価格は、トレンドはUPトレンドの途中だったということになります。

線がよれよれですみません、ごかんべん。

 

このような中途半端なチャートの時、トレンドが発生しているといっていいのか、それともレンジへ移行しているところなのか?判断がつかない時は、素直に”トレンドが分からない”でいいのです。

 

むりくり、どっちの方向だって決めつける必要こそないのです。

そんな時は、トレードを休む

これでいいのです。

 

トレードは、自分の分かるところ。勝てるところで勝負するのです。

 

すべてに答えを見つけようとしないようにしないといけません。

 

トレンドの基本にダウ理論がありますが、そんなことより覚えるのは、

重要なのでもう一度書いておきますが

 

  • トレンドは、いつまで続くのか分からない。
  • トレンドが分からない時もあると認める。

 

この2つを心のノートに書き留めておいてください。

20130721232842

 

これでまだ、疑問が残ると思います(笑)実際のトレードではどう判断するだよってことですよね。その気持ちもわかります。

 

今日のユーロドルのトレンドを見てみましょう

20130721234404

ユーロドルの1時間足ですが、単純にUPトレンドいいのでないでしょうか?

簡単ですよね。

 

UPトレンドだとしたらどうトレードに活かすのか。

20130721235513

 

一つの例ですが、上の画像は、5分足チャートです。UPトレンドが継続しているという前提からボリンジャーバンドの下限2σに触れた瞬間にロングエントリーをすると、1時間の長い時間軸でみたらUPトレンドなので、勝てる確率が高いと考えることが出きます。

 

 

ただ、明日は、G20に、参議院選挙あとの月曜なのでGAPが発生する可能性があるので、単純にこの手法を使わない方がいいですが・・・・・

 

参考になったらぽっちとお願します。

まだ、トレンドが、、、今一つってことであれば、質問ください。

また違った角度から解説しますよ^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

tomoよりのお願い

参考になったちょっと役に立ったお疲れさんって
少しでもおもったかた(*゜▽゜ノノ゛☆

 

ポッチっとお願いします。その1ポチ!ありがとう

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなで広めてください。この記事が役に立つ人がいると思います。
←左のボタンをクリックして共有してください。

 

 

タグ

2013年7月22日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:Q & A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. [...] 今日は、レンジのお話を ちょっと前に「トレンドって?どうやってみるのだろうか」に続いて知っておいて欲しい第2段ですね。 [...]

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ