【無料】メールマガジン配布します!

真実!しか流さないメールマガジン《不定期》

メルマガのお申し込みはコチラ

レンジ相場とは? あなたは、どう認識してます

今日は、レンジのお話を
ちょっと前に「トレンドって?どうやってみるのだろうか」に続いて知っておいて欲しい第2段ですね。

 

まぁ大事なのは、レンジの意味をまず知ることですね。

 

Range:範囲、距離、圏

と訳されますね。

 

実は使い方がどうもFXでもいくつかあるのでちょっと代表的なものをご紹介します。

 

今日のレンジ

 20130725142019

良く今日のレンジ予想とか、今年のレンジ予想とか出ているやつです。

この場合は、値幅のことを指すレンジになります。

上値:100.83

ここでは、下値が紹介してないですが、下値も予想してレンジ(幅)を見る時などに使います。

 

このレンジという使い方は、値幅という意味ですね。

 

レンジ相場

20130725145146

ユーロドルの5分足です。

持ち合い相場ともいわれますが、上に下にいったりするような相場状況です。

動きの幅が小さく、ゆったりと動くのが特徴です。

 

これは、オセアニア・アジア時間といわれる朝方からお昼過ぎまでによく見られる相場現象でもあります。

こんな時は、逆張りの恋スキャロジックが有効ですね。

値幅(レンジ)が小さく20pipsぐらいの範囲で動く場合もあります。

 

この手の相場の欠点は、

なかなか動かないf^^;

急にブレイクしてしまうことがある。

 

などありますが、損切りルールをしっかり守れば、ゆったり相場なので初心者向きなのではと思います。

 

ちょっと広い目でみた レンジ相場

20130725151421

オージードルの4時間足チャートです。

青い線の上値から下値まで300pipsほどのレンジ(値幅)

 

ある意味これも、レンジ相場(笑) 1分、5分でトレードしている方にとっては、「なんじゃこりゃ~」って思うでしょうし、正直見ていない方も沢山いるようですが、立派なレンジ相場です。

下がりに下がって下げ止まってからの持ち合い状態が続いています。

まぁ、おいしい相場ってことですが同じような所で反転してますよね。

 

実は、一番トレードしやすくおいしい?トレードに役立つレンジ相場は、これだと思います。

このような相場を見つけたらはい、トレードしてみることをお勧めしますね。

 

 

FXで使われるレンジについて、簡単に紹介しました。

トレードスタイルによってどのレンジを見るのかは、その人次第です。

 

レンジの違いは、基本中の基本であるので、トレードで稼ぎたいって人は、絶対覚えておいてください。

 

おまけにですが(笑)

 

20130725153152

ユーロドル週足

上値:1.34

下値:1.27

2012年8月からアメリカのQE3後は、ほぼこのレンジ帯で動いています。

現在もQE3縮小懸念がなくなったわけではないので、アメリカもユーロも上手くこのQE3なんか使って、レンジ間での為替操作(ここ妄想)を続けていく気じゃないのかなぁ~と思ってます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

tomoよりのお願い

参考になったちょっと役に立ったお疲れさんって
少しでもおもったかた(*゜▽゜ノノ゛☆

 

ポッチっとお願いします。その1ポチ!ありがとう

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなで広めてください。この記事が役に立つ人がいると思います。
←左のボタンをクリックして共有してください。

 

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ