【無料】メールマガジン配布します!

真実!しか流さないメールマガジン《不定期》

メルマガのお申し込みはコチラ

通貨毎の比較を簡単にできるサイト

ネットサーフィンしていると面白いサイトを発見!!
本当は、あるものを求めてさまよっていたのですが、出て来ませんでしたが思わぬ発見というのもこんな時にあるものです。

 

20131027004449

http://forex-history.net/main/l/jap/a/home

 

何が出来るサイトかというと、通貨(Currecy Chart)やインデックスの変動を比較することが可能なようです。

 

 

5つありましたので簡単にご紹介。

 

Currency Charts

20131027004818 

 

基軸通貨を決めて、2つの変換通貨を指定することで通貨の変動を見ることが出来ます。いままでtomoは、MT4のチャート上で通貨表示されて(インジケーター)を使ってやってましたが、またはエクセルですね。

ちょっと見たい時にこのサイトで確認するのも便利かもです。

20131027005131 上の画像は、円を基準としてドルとユーロの変化を表示したものです。ちょっと注目なのは、結構同じ動きをしていたのに最近二つの通貨に乖離が大きくなっているところです。

 

20131027005359

2013年1月にも2通貨(ドル・ユーロ)の乖離が出た後に乖離縮小してます。

もしかすると、いま10月27日から2通貨の乖離縮小を狙ってみても面白いかもしれません。(右のイメージのように今後変化率が変化するかも?)

 

ただ、検証するのに1年だと短い気もするので2000年からの推移も見てみましょう。

 

20131027005752

2000年からの変化を比較してます。やはり、長い期間でみると、現在の2通貨の乖離が特別な瞬間ではないことがわかりますね^^;あぶないあぶない

 

20131027010016

見ていて気になったのは、線を一本引いたところからドルとユーロの変化がシンクロしているようにみえます。この時期と言えばリーマンショックですよね。

といういうことは、リーマンショック以降世界の金融資金の流れが大きく変わったんだと容易に想像することができます。しかも、連動性が高くなっているので通貨ごとのリスク分散も意味が無くなってきているのか?など思ってしまうグラフですね。

まぁ~何事もこれだけで決めつけるわけにはいかないので1つの仮説として自分の中に持っておくことが大事だと思いますが。

 

20131027010540

今度は、ドルを基軸として円とオージーを比べてみました。自国通貨安の政策を最近とっていた2カ国なので見てみたいなと。

ここでもリーマンショック以降と前で相場の変化が見られますね。これだけ見るとドル安が底を打っているように見えます。事実そうなのでしょうけど、アメリカ景気は、このところ順調といってもいいでしょうから。

 

 

Hist. Converter

20131027011427

100円通貨毎にいくらになるのか、見れるようです^^;使い方はなんでしょ。

みてそうなんだ~って思うぐらいかな(笑)

EURとGBP比べるとポンドが高いんですね。あまり意識したことが無かったですが

 

 

Hist. Matrix

20131027011704

小さいw

見るのも嫌になるほどに、通貨も変化ランキングで並べ替えてくれるようで便利ですがいったい何に使うのかが不明ですね(笑)スワップ派には、役に立つのだろうか・・

 

Indexes

20131027012240

インデックスのチャート比較です。GoldとOilをみてます。かなり連動してますね。単にドルにつられているのかな?

20131027012411

GoldとSilverも似てますね。こう見てるとSiver買って、Gold売ってみたくなりますね、単純にそれでうまくいくかは、わかりませんけど。

 

 

とまぁ~こんな感じです。

これが直ぐにトレードの役に立つかどうかは、わかりませんがこのような、ぼーっとした情報収集もいつか役にやつのではないかと妄想してます(笑)

何か上手い活用法があったら是非教えてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

tomoよりのお願い

参考になったちょっと役に立ったお疲れさんって
少しでもおもったかた(*゜▽゜ノノ゛☆

 

ポッチっとお願いします。その1ポチ!ありがとう

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなで広めてください。この記事が役に立つ人がいると思います。
←左のボタンをクリックして共有してください。

 

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ