【無料】メールマガジン配布します!

真実!しか流さないメールマガジン《不定期》

メルマガのお申し込みはコチラ

ForexTrendHunterのその後 トレンドにのれたかな

記事: FoexTrendHunterの検証!スキャルピングの時代は終わった.
記事:FoexTrendHunterの検証!続 勢いで買うそれが漢
記事:実は、、、締め切りだった!(・・。)ゞ幸か不幸か

記事:ForexTredndHunterのサポートにお尋ね。
 
トレンドにのって稼いでくれと期待して採用下ForexTrendHunterです。
最初から、トレンド期間だけの採用かと思ってます。このようにEAを相場状況に応じて使い分けれるように自分もなりたいものです。

 

20130122071618
商材情報
商 品 名 Forex Trend Hunter
販売ページ http://www.forextrendhunter.com/cb?hop=0&mobile=true
販売価格 129$ → (2013年1月22日現在 99$)
☆この商材のセールスポイント☆

FOREX TREND HUNTER Uniqie and Highly Profitable Trend-Following Automated Trading Strategy Uniqie

収益性の高いトレンドフォロー自動売買戦略

Forex Trend Hunter is an entirely automatic trading system for the MetaTrader 4 trading terminal, developed especially for the needs of ordinary forex traders, yet also used successfully by many professional traders.

外国為替トレンドハンターはまだまた、多くのプロのトレーダーで正常に使用され、特に、通常の外国為替トレーダーのニーズに合わせて開発されたメタトレーダー4取引ターミナルのための完全自動売買システムです。

Forex Trend Hunter is perhaps the best trend-following and long-term profitable trading system on the market. With its help, you can enjoy the opportunity of making several hundred pips worth of profit per single transaction.

外国為替トレンドハンターはおそらく、市場でトレンドフォロー最善かつ長期的収益性の高い取引システムです。その助けを借りて、あなたは、単一のトランザクション当たりの利益の価値が数百pipsを作る機会を楽しむことができます。

If so far you have mainly used scalping forex robots, you would certainly be convinced that they are strongly dependent on broker trading conditions, and that the least spread widening leads to them making rapid losses: losses of your money. If you are yet another disappointed customer of Asian scalp traders, do look carefully at Forex Trend Hunter.

これまであなたは主に皮むき外為ロボットを使用していた場合は、確かに彼らはブローカーの取引条件に強く依存することを確信し、少なくともスプレッド拡大はそれらが急速に損失化につながるとされるでしょう:あなたのお金の損失を。あなたはアジアの頭皮のトレーダーのさらに別の失望のお客様の場合、外国為替のトレンドハンターを慎重に検討を行う。

FOREX TREND HUNTERのフォワード

20130215190529

 

1月31日の初トレードから約2週間の成績です。

まぁぼちぼちの成績です。94$のプラスなので、ここでやめたら購入代金が回収出来るなと(笑)思いながら見ています。

 

アメリカ大統領選挙後の翌年は、相場が翌動く法則

聞いたことがありますか?

 

アメリカ大統領選挙後の翌年は、相場の変動率が上昇するという話しを

 

ということは、トレンド系のシステムが活躍する年かもしれないということです。

正直なところ2013年年末ごろにならないとその結果は分かりませんが、1年しっかりと成績をだしてくれたらtomoとしては、十分だと考えてます。

 

投資ですね。

ForexTrendHunterは、販売中止ですが、他のトレンド系のシステムなんか運用されるのは面白いと思います。

 

参考記事を下にご紹介します。

日経新聞より抜粋

外為市場では、大統領選の翌年に円相場の変動が大きくなるという経験則がある。1980年以降の8回の大統領選のうち、6回は翌年に円相場の変動率が拡大した。

大統領選の年は結果を見極めたいとの雰囲気が強まりやすい。一方、翌年は新政権のもとで政策が明確になり、市場参加者は持ち高を傾けやすくなるというわけだ。

 

20130215192511

出典記事リンク

 

もちろん、アノマリーぽいところもあるから必ずではないが、知っているだけでも心構えが大きく変わってくるし、システムの選択するときの参考になるでしょう。

 

ForexTrendHuneterは、GBPJPYEURJPYとクロス円が2つ採用されているので期待したい。

 

結果も継続してブログUPしてくので、どうなったか見てください。tomoの考えでは、トレンドフォロー系のシステムが今年(2013年)は、活躍すると見ています。

 

 

円つながりでもう一つですが

 

ソロス氏、円売りで930億円稼ぐ

 

豊島逸夫の金のつぶやき

と言う記事で紹介されていた、上の同じく日経新聞の記事です。

※とよしまさんは、金相場に造詣が深いのいつも参考にしてます。

下のも記事の抜粋。

今回の円安進行局面では投機筋の売買回転が効いている。すなわち、まず円を空売りして下がったところで買い戻し。そこで円高に振れたところで、すかさず再度、円を空売り。この繰り返しで円の水準がみるみる安くなっていったことを本欄でも繰り返し指摘してきた。

その実例が相次いで明るみに出始めた。まず、ジョージ・ソロス氏が昨年11月半ばから円売りで10億ドル(約930億円)を稼いだとウオール・ストリート・ジャーナルが報じている。さらに、同氏のファンドのポートフォリオの10%は日本株だという。

さらに他の大手ヘッジファンドのパフォーマンスを、フィナンシャル・タイムズが挙げている。

まず、元ゴールドマン・サックスのパートナー、アンドリュー・ロー氏率いるカクストン・アソシエイツが過去3カ月で約10%のリターン。チューダー・インベストメントとムーア・キャピタルは約9%のリターンをそれぞれ記録した。いずれも業界では著名なファンドで、共通点は、グローバル・マクロ系。すなわち、マクロ経済の流れを読み通貨、債券、デリバティブの値動きに乗ってもうけようというヘッジファンドだ。

 

出典記事リンク

 

やはりのれたもの、のれなかったものの差は大きいですね。

違いは、期を見る力と実行力です。

 

実は、円安になるだろうと昨年から周りtomo自身もいっていました。もちろん、ドル建てで資金を分散し今後の円安に備えておこうとドルを持ってはいましたが。

残念ながらソロスほど、上手くは、行きませんでした。

 

期をつかみ

 

実行出来るだけの裏付けを持って

 

トレード出来なかった、、準備不足だった訳です。

 

投資で稼ぐことは、難しくはありませんが普段の分析・研究・裏付け(自信)が実行力につながるものと思います。

 

今回の円安のようなチャンスがまた来ます。

 

あたなは、それまでどうしますか?

 

天の時を待つだけでは、投資では勝てないでしょう。

投資は、自己と向き合っていかなければいけません。

 

あなたのとった行動は、あなたの結果です。

 

 

 

FOREX TREND HUNTER検証と結論!

ForexTrendHunter

まずますの成績で検証続行!!また、成績報告します。

 

 

商品名 Forex Trend Hunter
販売ページ http://www.forextrendhunter.com/cb?hop=0&mobile=true
販売価格 販売終了2013年1月27日 129$ → (2013年1月22日現在 99$)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

tomoよりのお願い

参考になったちょっと役に立ったお疲れさんって
少しでもおもったかた(*゜▽゜ノノ゛☆

 

ポッチっとお願いします。その1ポチ!ありがとう

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなで広めてください。この記事が役に立つ人がいると思います。
←左のボタンをクリックして共有してください。

 

 

タグ

2013年2月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ForexTrendHunter

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ